scabal-heritage-huddersfield-cloth

スキャバルの伝統

1938 年創業

スキャバルは 1938 年より、世界中のテーラーや衣料品メーカーに最高級の服地を提供してきました。スキャバルの生地は、イギリスの伝統ある工場で上質な素材を使って織られています。

歴史

  • オットー・ハーツ
  • 自社工場
  • テーラー・ワークショップ
  • Dali
  • Savile Row
  • Hollywood
  • 作品の数々
  • scabal-otto-hertz-heritage-cloth-merchants
    1938

    オットー・ハーツとティッセン一族

    スキャバルは 1938 年にオットー・ハーツにより設立され、ハーツは世界中のテーラーの距離を近づけ、結び付けようとしました。 1970 年以降、スキャバルはヨーロッパ各地に多くの従業員を擁する国際企業へと成長を遂げました。それに伴い、オットー・ハーツが最も信頼を寄せた共同経営者、J・P・ティッセンが会社の経営を任されました。現在のスキャバルはその息子であるグレゴー・ティッセンが最高経営責任者を務め、2013 年に入社したステファノ・リベラが日々の経営を引き継いでいます。

    ファミリースピリット

    スキャバルはオーナーシップの面では 同族企業ですが、そのファミリースピリットは会社の従業員や職場環境、製品内容にも反映されています。その最たる例が、「スキャバル・ノーブル・ウール・クラブ」です。

  • scabal-heritage-huddersfield-cloth-weaving
    1973

    自社工場

    スキャバルの伝統あるイギリスの工場は 15 世紀より、伝統的な英国服地の聖地であるハダースフィールドで操業してきました。今でもコレクションの大半はここで製織されています。ヨークシャーに数多く点在する工場と同様に、上質な生地はこの地域を流れる軟水に大きな恩恵を受けています。

    アートとスキャバル

    スキャバルでは 80 年間にわたり、情熱を込めてコレクションを作り上げてきました。お客様には、その情熱のこもった努力を感じ取っていただけるものと信じています。 デザイナーと熟練した製織職人は互いに手を取り合い、スキャバルが伝統を忠実に守りつつ、技術革新の最先端を進むことができるよう日夜努力を重ねています。

  • scabal-tailor-made-to-measure-handmade-suit
    1989

    ホフ工場のテーラーたち

    1989 年、スキャバルは 1937 年よりメンズのオーダーメイドスーツを作ってきたアトリエ業務を会社の主力事業に位置づけ、新たな局面を開きました。 その結果、スキャバルは独自のオーダーメイドサービスを通じ、イギリス製の高級生地を使って理想の一着を自由に作り上げることができる無限の可能性を、お客様に提供することになったのです。

    仕立てへの情熱

    仕立て技術に関するスキャバルの評判は、これまでお客様の期待を上回るスーツを作り上げてきた実績をもとに、長い年月をかけて築き上げられてきました。 この戦略を中心となって支えているのは熟練したテーラーと裁縫職人たちの存在であり、スキャバルが職人の技能育成と技術に投資を続けているのはそのためなのです。

  • heritage-brand-dali-scabal
    1971

    ダリとのコラボレーション

    1971 年、スキャバルはシュールレアリズムの巨匠、サルバドール・ダリに絵画の創作を依頼しました。こうして誕生した 12 作品の中で、ダリは 21 世紀におけるオーダーメイドスーツの進化を独創的な視点で描いています。その作品は、現在もスキャバル社で大切に保管されています。

    創造性とビジョン

    スキャバルの輝かしい歴史を通じて、私たちは様々な製織の手法、技術、原材料を試し、可能な限り限界に挑戦してきました。スキャバルのスペシャルエディションと最高級の生地コレクションは、こうした努力の賜物だと言えます。

  • scabal-heritage-savile-row
    1972

    伝説的なサヴィル・ロウ

    1972 年には、紳士服界の中心地とも言われる伝説のサヴィル・ロウ (Savile Row) (ロンドン) に拠点を移しました。新店舗は意図的に No.12 に建てられ、現在もそこで営業しています。スキャバルは伝統の中核を成すこのロンドン中心部を拠点に、伝統を重視しつつ現代的なスタイルを取り入れたオーダーメイドスーツを提供し続けています。

    伝統と現代性

    ヨークシャーの工場とサヴィル・ロウのスキャバル本店では、伝統的な価値観を忠実に守りつつ、現代的なオーダーメイドスーツを作り続けています。

  • scabal-hollywood-heritage
    1972

    スキャバルとハリウッド

    スキャバルの評判を聞いたハリウッドやブロードウェイのプロデューサーらが、スキャバルの生地を有名俳優の衣装に採用するようになりました。映画『ゴッドファーザー』でマーロン・ブランド演じるヴィトー・コルレオーネが着用したかの有名なタキシード、さらには『カジノ』でロバート・デ・ニーロが着用した 70 着のスーツのほとんどが、スキャバルとのコラボレーションで製作されたものでした。

    お客様に対する誠実さ

    今のスキャバルがあるのは、世界中でこのブランドを愛してくださる数多くのお客様のおかげです。スキャバルがすべてにおいてお客様第一の姿勢を貫いているのは、そのためです。

  • scabal-fabric-innovation
    1938

    優れたバンチとスーパーファイン・ウール

    スキャバルは常に革新を探求しています。業界初のバンチブックを生み出し、さらには Super 100’s、120’s、150’s、180’s と、それぞれの時代の限界を超える高級生地を創り出してきました。伝統ある家族経営農場のスーパーファインウールを使用することで、スキャバルは伝統的な手法と原材料を現代技術と組み合わせ、これからの世代も楽しめるよう、革新的な生地を率先して創作しています。

    革新

    スキャバルは、伝統的なクラフツマンシップと職人技を現代技術と融合することで、デザイン性の高さのみならず、仕立てたときの着心地の良さにもこだわった現代的な生地を作り出すため、技術革新を推進しています。

WeChat QR code
Loading