• 革新

    スキャバルは常に生地革新の最先端に居続けてきました。ハダースフィールドにある自社のメーカー が、さまざまな注目すべき生地開発の基盤となっています。 1938年 現在では良く知られている、バンチという形態を初めて使用。  ...

    スキャバルは常に生地革新の最先端に居続けてきました。ハダースフィールドにある自社のメーカー が、さまざまな注目すべき生地開発の基盤となっています。

    • 1938年 現在では良く知られている、バンチという形態を初めて使用。
       
    • 1964年 ある究極の品質のオーストラリア産ウール梱に記録的な値段がつけられる。スキャバルはこのウールを入手し、当時、世界最高価格の”Ultimus”(アルティマス)を発表。
       
    • 1974年 それまで、スーパー100’sウールが最高品質とされてきましたが、さらなる高品質を求め、その水準を押し上げたスーパー120'sウールを開発。
       
    • 1991年 細番手ウール開発の画期点となる、スーパー150'sウールの”Golden Carat”(ゴールデン・カラット)を開発。
       
    • 1994年 “Fascination”(ファシネーション)というネーミングで、これまでで最軽量のカシミアを生産。
       
    • 1997年 一着一着の生地に文字を織り込む事を可能にした、“Private Line”(プライベート・ライン)を発表。
       
    • 2000年 1971年、ダリに21世紀のメンズ・ファッションに対する彼のビジョンを表現した作品の創作を依頼。まさに21世紀が明けたその年に、最初のダリコレクションを発表。
       
    • 2000年 まさに最高級の生地を表現する最も革新的な方法で、”Diamond Chip”(ダイヤモンド・チップ)と”Gold Treasure”(ゴールド・トレジャー)を発表。
       
    • 2004年 より柔らかな手触りのより高級な生地への要望に応え、スーパー200'sウールにビキューナを加えた”The Star”(ザ・スター)を開発。
       
    • 2005年 オンラインでのファブリックカタログを開始。13項目ある生地の特徴をセレクトして検索をかけると、5000種類以上の中から候補の生地を見つけることができます。オンラインオーダーやオンライン決済も可能。
       
    • 2006 スキャバルの織工場で働くクラフツマンが生涯をかけた達成と呼ぶ、世界最細番手の”Summit”(サミット)を発表。
       
    • 2011 ビキューナコレクションのシリーズが、“Vicuna Jacketings”(ビキューナ・ジャケッティングズ)で完成。このコレクションはスキャバルの生地部門が生み出した新たな革新である。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

loading