• 1991

    繊維の直径が15.3ミクロンクラスのウールを使用した、“Golden...

    繊維の直径が15.3ミクロンクラスのウールを使用した、“Golden Carat”(ゴールデン・カラット)という名前のスーパー150'sウールコレクションを発表した後も、より細いウールを求める声は続いていました。ヨークシャー州ハダースフィールドにあるスキャバルの自社ミルで、最高クラスの製織技術を用いて作られた生地です。現在では、スーパー150’sウールが高級品の国際標準となっています。その後、それまでの技術では不可能と考えられていた、更に細いウールの開発が続きます。スーパー180'sウールとスーパー200'sウールです。

loading